会者定離という言葉があります。
会う者は必ず別れるという意味であり、愛する家族や両親ともいつかは別れの日がやってきます。
家族に不幸が初めてあった時、ショックのあまりうろたえてしまったり、悲しみに暮れて何も考えられない状態に陥ります。
しかし喪主である遺族は悲しんでばかりはいられません。
直ぐに葬儀業者の手配をしなければならないのです。
当サイトでは初めての葬式で困惑しないための豆知識をご紹介していきます。

初めての葬儀では困惑することばかり!失敗しない葬儀業者選びをするための豆知識

初めての葬儀では困惑することばかり!失敗しない葬儀業者選びをするための豆知識 家族が亡くなってまず最初に行わなければいけないのが、葬儀業者を選びプランを汲んでいくことです。
初めてであるとどうやって業者を選べばいいのか困惑します。
病院や周囲の人間の言われるままに業者を選ぶことは危険です。
それは費用が高くつく可能性があるからです。
そこでネット検索で周辺の葬儀会社数社に見積依頼し、相見積もりをするとよいです。
ネットでオンライン上で迅速に見積をくれる会社もあるので、比較検討し最も安くサービスが手厚い会社を選択するとよいでしょう。
また見積もりでは一括費用表示ではなく、一つ一つの項目でどれくらい費用が掛かるのか詳細に説明している会社が信頼がおけます。
見積以外に後で請求されないか、しっかり確認もしましょう。

葬儀の業者やプランの選定ポイントについて

葬儀の業者やプランの選定ポイントについて 葬儀に参列する機会は長い人生の間では何度かあることでも、葬儀を執り行う立場になることはそう頻繁にあることではありません。
だからこそいざ執り行うとなれば、どのように内容を決めたら良いのかや料金相場などわからず悩むことは多いのではないでしょうか。
葬儀を執り行う際にまず決めなくてはならないのが、規模はどの程度にするのかという点です。
一般葬で故人との縁があった多くの人が参列するスタイルもあれば、家族葬など規模が小さくごく身近な人のみで執り行うスタイルもあります。
業者により得意としている規模にも違いがあるので、最適な業者を選ぶためにもまずは規模を決めるようにしましょう。
もちろん業者により強みや特徴には違いがあるので、相談して見積もりを取り信頼できるところを選ぶことがポイントとなってきます。
見積もりは葬儀に必要となる全てが含まれた金額かという点を確かめておくべきであり、飲食接待費など別になっていることが多いので気をつけなくてはなりません。
実績があり本当に信頼できる葬儀社を選ぶためにも、複数に相談してみることが大切です。
選定ポイントを理解しておくことで、より希望に合う業者やプランを選ぶことができるようになります。

葬儀場を選ぶ際にはスタッフの態度にも注目

結婚式は前もって計画するものですので、いろんな結婚式場を回って自分たちの希望とする結婚式場をいろいろ回ってたくさんなる中から選ぶことが出来ます。
しかし、葬儀となると急に決まることもありますのであまり慎重に選ばない、近所で済ませる、というような方が多いようですが、故人と最期の別れとなるわけですから葬儀場も慎重に選びたいものです。
葬儀場を選ぶ基準というのはいろいろですが、やはりスタッフの対応の良さというのはとても重要な要素となってきます。
親身になって故人と遺族に対応するかどうかはとても大切です。中には、故人と遺族の思い出の場所を霊柩車で案内してくれるところや、スライドショーを流して最期の時間を過ごさせてくれるところもあります。そういうところを選ぶなら、悲しみが少し和らぎ温かい思い出を残すことが出来るでしょう。
反対に事務的に行うところや、費用のことばかり話題にするような葬儀場はあまりお勧めできません。

自身の葬儀は終活と同時に決めておくと誰にも負担を感じさせません

高齢者と呼ばれる年齢になった方は、自身の葬儀などを含む終活を早めに行っておくことは推奨できます。まずは身辺整理として住んでいる住宅の不用品を片付けして、整理整頓をしておくことと、価値のある物品に対しては生前に売却をしておく方法もあります。
遺されたご家族で遺産相続でトラブルになる可能性が高い方は遺言書を作成する方法もありますが、トラブルにならないようであれば正式ではなくても資産を全て記載しておき、分配する際に困らないように文書作成をしておくことも良い行動になります。
更に遺族に迷惑を掛けたくない方は、自身の葬儀場を探し出して葬儀内容を決めておくことと同時に、料金を前払いで支払っておけばお亡くなりになった際に遺族の負担を大きく軽減することに役立ちます。
現在ではコンパクトな家族葬を選ぶ方が増加しているように、書面にも前払いをした葬儀会社の情報と、内容を忘れずに記載しておく方法であればご家族が後から迷ってしまうことも無くなるのではないでしょうか。

葬儀においてふさわしいマナーを身につけるべき点とは?

葬儀というのは結婚式とは違って、厳粛で悲しいものです。しかし、そのような場であるにもかかわらず場違いな人がいたり、マナーにかけた態度をとる人は少なくありません。
そのような非常識な人がいるせいで、葬儀の雰囲気が台無しになってしまったというケースは多いようです。
では、葬儀においてふさわしいマナーとはどのようなものでしょうか?一つは服装と身だしなみです。男性であっても女性であっても黒の衣装を身につけるべきですし、バッグや靴や装飾品なども、その場にふさわしいものであるべきです。
さらに、葬儀で懐かしい親族や知人に会った場合に、懐かしさのあまり思い出話に花が咲いて大声で話したくなることがありますが、まるで同窓会のようににぎやかになってはいけませんので、場をわきまえる必要があります。
カメラで撮影したり動画をとってはしゃぐべきではありません。故人と遺族を慰めるものである、というのを忘れないようにしましょう。

葬儀会社は費用が明確になっているところが安心

日本は超高齢社会に突入しており、80歳以上生きることが当たり前になっています。健康意識の高まりや医療の進歩などが要因です。
ただ、寿命には限界があるため、今後は亡くなる方が多くなると予測されています。親など身近な人が亡くなった場合は、葬儀を行わなければいけません。
葬儀会社を比較する際は、費用が明確になっていることを重視するべきです。
後から高額な費用が請求されるところを選んでしまうと、トラブルが発生してしまう可能性があるので避けてください。
契約時に費用が明確に決まっていれば、後から余計な費用が発生しないため安心して利用することができます。
クオリティの高い葬儀会社を選ぶために、実際に利用した人の意見も参考にしてみるべきです。
利用してみないとスタッフの質やサービスに問題がないか分からないので、実際に利用した人の意見はかなり参考になります。使える情報は積極的に活用して、自分に適した葬儀会社を選ぶことが大事です。

葬儀に通夜に参列するさい流れは把握しておく事が重要

社会人として生活している中で、親族だけでなく会社関係の人の訃報の知らせに対して葬儀に参列する機会は多くあります。
特に会社関係の場合は通夜に参列する事は増えてくるので、葬儀の通夜に参列する際に流れをある程度しておく事もポイントの1つです。
通夜に参列する際はまずは受付を行いますが、その際に香典を渡しでお悔やみの言葉を伝えます。告別式も参列する場合であれば、香典は告別式の際にお渡しするという方法でも問題はありません。
返礼品を受け取ったあとは斎場内で移動し、式が始まるまで指定された場所で待ちます。
読経が始まり焼香が行われ、最後は通夜ぶるまいとされる食事が振る舞われる事が多いです。
通夜ぶるまいは供養の意味も含まれているので、断らずに食事を行う事がポイントです。
どうしても用事がある場合は断りを入れて、遺族に手短に挨拶したのちに退席すれば問題はありません。社会人として最低限のマナーは把握した上で、失礼のないように参列する事が大切です。

葬儀における法律とそれを破った場合の処罰

家族などが亡くなった時、必ずしも葬儀を行う必要はありません。
近年は火葬場へ直行する火葬式などもあり、海洋散骨や樹木葬など埋葬のスタイルも自由です。 葬儀において処罰されることとなる場合は、火葬せず遺体を放置したなどの死体遺棄罪があります。 火葬をいつまでに行わなければならないという法律はありませんが、遺体を放置すると腐敗によって異臭を発したり、ハエやウジなどの病害虫の発生源となり、感染症などの原因になるため公衆衛生上、死体遺棄は処罰の対象で法定刑は三年以下の懲役です。
現在埋葬のスタイルについては自由ですが、どこにでも埋葬したり海に散骨してもいいというわけではありません。 埋葬又は焼骨の埋蔵は墓地以外の区域に行ってはならないという墓地、埋葬等に関する法律があり、指定の場所以外で散骨や埋葬をすると六か月以下の懲役又は五千円以下の罰金に処せられ、散骨が遺骨の遺棄と取られた場合は死体遺棄罪と同様に三年以下の懲役刑となります。

葬儀のトラブルを防ぐために気をつけること

葬儀は亡くなった方をしめやかに送りだす儀式です。そのためできるだけトラブルがないようにしますが、実際にはいくつか起きてしまうケースがあります。
一番多いのが葬儀後に高額な追加料金が請求されたこととなります。お葬式に関しては業者から見積書が事前に渡されるのですが、その後参列した人の人数が増えたなどの理由から見積り以外の金額がかかることが多いです。納得できる名目で費用が発生するのは仕方がないことなのですが、どのようなことであがっているのか不明な場合は納得することができません。メディアなどで取り上げられている有名な業者でも金銭トラブルは生じているので注意が必要です。特にドライアイスの追加費用が多くかかる傾向になるので、どの程度ご遺体を安置するのか、必要な量はどの程度なのかを詳しく聞いておくと良いでしょう。
家族間で起こることとしては参列関係にあり、参列者が少なく文句を言われたことが多いです。親族は大きなお葬式をしたいと思っていても遺族はそう思っておらず問題に発展してしまいます。

コンパクトから更に進んだオンライン葬儀の普及

本来の葬儀は、村長が中心になって互助会の様に村人総出で執り行ってきた歴史があり、通夜の際に村人たちが各々が持ち寄ったお酒や食べ物などのお供え物を翌朝村人たちで分け合ったのが香典返しの起源とされています。
また、さほど交流がないとしてもその村に住んでいれば参加するのが当たり前であったように、現代でもさほど交流がなくても知っていれば弔問に出かけるのが葬儀の一般常識とされてきました。しかし、近年では、遺族が弔問客を選出して執り行う家族葬が主流となりつつあり、現在では新型コロナウィルスの蔓延により弔問や参列するということが問題視されるようになり、人の接触が全くないオンライン葬儀が斎場まで距離のある地方都市を中心に普及しています。オンライン葬儀は、故人に対する孝徳が足りず良くないと非難する人も少なくはありませんが、少子高齢化で故人の年齢が高齢化するだけでなく弔問客や参列者の年齢も高齢化しているので無理なく故人を弔えると意外に好評です。

葬儀を行う時に遵守しなければならない法律

一口に葬儀を行うといっても、そこに至るまでやその後に遵守しなければならない様々な法律があります。
まずは墓地、埋葬等に関する法律で感染症以外は死後24時間以内は火葬および土葬をしてはいけません。 次に火葬は火葬場以外の施設で行ってはならないため、埋葬火葬又は改葬を行おうとする場合は市町村長の許可と、当該死体に係る医師による死亡診断書と死亡届を提出して、火葬許可証を火葬場に提出する必要があります。 近年は海洋散骨や樹木葬など自然に還るスタイルが人気ですが、あれは葬儀会社がきちんと埋葬許可を取っているから遺骨を散骨したり埋葬したりできるのです。 葬儀後も故人が高齢者の場合は年金受給停止の手続きや介護保険資格喪失届を速やかに提出し、住民票の抹消届や場合によっては世帯主の変更届もしなければいけません。
近年の葬儀会社はこれらの手続きを告別式と一緒に行ってくれる会社が多いため、遺族の負担もかなり軽くなっています。

葬儀で身に着けるのは喪服、どのような注意点があるか

葬儀は前もってわかっている行事ではなく、突然行われることが多いです。そのため事前にある程度のマナーを把握しておかないと焦ってしまい、マナー違反をしてしまうこともあります。
葬儀で注意しなくてはならないことに服装があげられます。葬儀での服装は喪服が基本であり、男性も女性もブラックフォーマルと呼ばれるものを着用します。正、準、略式の3つのパターンがありますが、参列する場合は準喪服であり、女性は肌の露出が少ないワンピースやスーツ、アンサンブルもしくはパンツスタイルに、男性はブラックスーツに黒のネクタイを身に着けます。
女性の場合特に注意しなくてはならないのが靴とバッグであり、殺生を意味する革製品は避けなくてはなりません。また音が鳴るのも厳禁であり、ヒールは低く光沢のないものを履く必要があります。アクセサリー系もパールであると良いのですが、気になる場合は着けていない方が良いでしょう。ストッキングや靴下も黒色のものを選ぶようにします。

他力本願を趣旨とする浄土真宗の葬儀の特色とは

葬儀のしかたは仏教の宗派によっていろいろですが、浄土真宗はことに特徴的であるといえます。もとより浄土真宗は鎌倉時代に親鸞聖人が開いた宗派であり、本尊である阿弥陀如来の誓願によって、人はすべて亡くなった後は極楽浄土に迎え入れられることが決定しているといった根本的な思想があります。
これを他力本願といい、仏から見ればちっぽけな存在である人間が自力でできる努力には限度があり、その限度を自覚して阿弥陀如来に委ねることこそが、正しい信仰であるという主張です。
したがって他の宗派であれば、葬儀に際して亡くなった人を旅装束のような衣装に着替えさせ、杖やわらじなども身に着けさせて、自力で冥土への旅を完遂させるように促すのがふつうですが、すでに極楽往生が決まっている以上、この宗派ではことさらにこのような対応はしません。また通夜では僧侶と参列者が一体となり、故人の思い出話などをしてその人柄を偲ぶといった特色があります。

葬儀が日蓮宗の場合に知っておきたいポイント

葬儀は宗教宗派によって内容が異なりますが、日蓮宗の場合はどういったところがポイントになるでしょうか。日蓮宗の葬儀は、故人を霊山浄土へと旅立たせる儀式を中心に執り行われます。
実は団体によって葬儀の内容に多少の違いはありますが、額の前で3回押して香炉にくべる焼香は共通です。
一般的な葬儀の流れとしては、入場して僧侶が合唱を行い、題目を三唱して道場偈に進みます。道場偈は諸仏や諸尊を招く儀式で、声明曲の道場偈を流すものです。続いて、三宝と呼ばれる仏法僧を礼拝する三宝礼が行われます。
釈尊や菩薩などを降臨させる勧請という儀式は、法華経の功徳を称える開経偈に繋がります。以降や読経や供養のための演奏、扇子を用いて棺を軽く打ち付ける儀式が続きます。他の宗教宗派からすると珍しい内容が多いですが、儀式の数が多いのが特徴だといえます。
流れを把握しないと現在行われている儀式が何を意味するのかわからないので、初めて参列する場合は儀式の内容と意味を頭に入れることが大切ではないでしょうか。

知っておきたい曹洞宗の葬儀のポイントとは?

曹洞宗の葬儀には、他の宗派とは異なっている特徴がいくつかあります。例えば、同宗では、故人が仏の弟子になるための儀式として位置付けているため、前半で故人が戒名や戒法を授かるための「授戒」が行われ、後半では故人を仏の世界へと導くための「引導の儀式」が行われるというのが通常の流れとなっています。
また、3名の僧侶が太鼓や鐃祓・引磐をリズムよく鳴らして故人を仏の世界へと送り出す「鼓?三通」と呼ばれる儀式があるというのも曹洞宗の葬儀の特徴の一つです。
さらに、「枕経」という臨終後に故人の枕元でお経を読む儀式が執り行われるほか、葬儀が終わってから49日目には「四十九日法要」という法要が催行されます。この法要は、故人が生前に犯した罪業を清算して、浄土へと旅立つためのものです。
このように、同宗の葬儀は、他の宗派と比べて荘厳なものとなっており、故人を大切に送り出すために行われる特別な儀式であるという点を頭に入れておくとよいでしょう。

宗派の違いと友引の日に葬儀をしても問題はない理由

葬儀は宗派の違いに応じて変えていく部分がありますが、基本的に葬式を避けるべき日はありません。昔から友引の日は避ける傾向がありますが、葬儀と六曜は無関係なので日程を気にせず決めましょう。
六曜とは、日付や時間の吉凶を占いを目安できめる暦の一種であり、宗教とは特に関係がありません。
お通夜に持つイメージは、故人とのお別れですが、実際は故人を偲び、悪い霊がつかないように守る儀式となっています。
高齢者のイメージで友引をさける傾向があるため、葬儀会社の中には定休日に設定する所もあります。友引の前後の日に依頼が集中する可能性があり、予約をしてもお坊さんの空き時間が見つからないケースもある点に注意です。
友引の日は、お葬式を行っても問題ない日であることを理解すれば、スケジュール調整がしやすくなります。参列者にきちんと説明をすれば理解してもらうことができるため、お知らせをする際に事前にメッセージを添えましょう。

ペット専用の葬儀会社と移動火葬車を利用する方法

ご臨終で葬儀社を慌てて探すことのないように、事前に相談する所を決めておく必要があります。電話で連絡をすることでお迎えの車を手配してもらえるため、病院や施設から移動ができます。
自宅や会館など、希望する場所を伝える事でお身体の安置がスムーズに進み、布団でお休みになってもらう形を取れます。
人の場合は、様々な準備や手続きがありますが、ペットの場合は難しい手続きなどはありません。ペット専門の火葬を行う専門業者に事前相談をすれば、慌てることなく落ち着いて行動できるため、葬儀社のスタッフを訪ねましょう。
打ち合わせでお葬式の時間と日程を決めることができ、移動火葬車もあるため、準備はスムーズです。
納める愛用品を家族が準備したり、お水や好きだったお菓子なども置いておくことで、スタッフが車での供養をします。
共同墓地に入ってお墓の管理をしなくてもよい状態にできますし、専用のお墓を作る事もできたりと、様々な選択肢があります。

葬儀に関する情報サイト

千葉市にある葬儀

新着情報

◎2023/11/1

情報を更新しました。
>他力本願を趣旨とする浄土真宗の葬儀の特色とは
>葬儀が日蓮宗の場合に知っておきたいポイント
>知っておきたい曹洞宗の葬儀のポイントとは?
>宗派の違いと友引の日に葬儀をしても問題はない理由
>ペット専用の葬儀会社と移動火葬車を利用する方法

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>葬儀における法律とそれを破った場合の処罰
>葬儀のトラブルを防ぐために気をつけること
>コンパクトから更に進んだオンライン葬儀の普及
>葬儀を行う時に遵守しなければならない法律
>葬儀で身に着けるのは喪服、どのような注意点があるか

◎2022/3/3

情報を更新しました。
>葬儀場を選ぶ際にはスタッフの態度にも注目
>自身の葬儀は終活と同時に決めておくと誰にも負担を感じさせません
>葬儀においてふさわしいマナーを身につけるべき点とは?
>葬儀会社は費用が明確になっているところが安心
>葬儀に通夜に参列するさい流れは把握しておく事が重要

◎2021/11/1

依頼は相見積もりをとってからのページを追加しました

◎2021/7/29

良い葬儀は業者選びからのページを追加しました

◎2021/7/15

サイト公開しました

1人ペット・棺・花・葬儀 と検索すると 多くの業者は亡骸の代用にぬいぐるみを使って参考画像を作ってるが中には「これ本物の亡骸だよね?」っていう画像を使ってる業者がある…私は撮影しない→最期の姿は記憶の中だけに残すタイプだからこういうのを見るだけでなんか違うよなと首を傾げてしまうよ

鯖の葬儀業者ってつまり寿司屋ってこと……?

菊の裏番組で彼岸花描くのめっちゃ葬儀業者って感じしてくる……

事故、袴田さん再審結審へ、ライシ氏葬儀・反政府運動激化、ヤミ金業者逮捕、@詐欺団逮捕続報、日本版DBS法案可決、日鉄USS買収阻止運動、MS新AIサービス、為替株価(地方)@再、盗撮犯逮捕、自衛隊🏯訓練、気象 コロナ発音0回 NHK正午のニュース

-->